360度カメラによる写真と動画撮影

新型コロナウイルス感染拡大にともない、現実にその場へ訪れ体験するということは、当面は困難な状況が続くでしょう。そこで実体験に少しでも近づけるようバーチャルリアリティな写真や動画ツールを活用しWEB上で伝えられないかと模索しています。その中でも360度ビューを可能としたカメラによる静止画と動画撮影は視聴者に多くの有益な情報を与え、かつインタラクティブに伝えれることを知りました。もちろん実体験には叶いませんが、世界中の人へ発信できることは多くのメリットがあると感じています。試験的に始め今では多くのノウハウを得てきました。アート作品の展示、展覧会、建築、観光など様々な分野で活用が期待でき、可能性を探りながら、私どもは取り組んでいます。現在の状況をネガティブな側面だけに捉えることなく、この機会をポジティブに捉えて展開できないかと考えています。